宇和島映画館物語 1

第1回 スバル座

明治18(1885)年開館。歌舞伎のすぐれた回り舞台のあった芝居小屋「融通座」から、洋画専門の映画館「スバル座」に衣替えしたのは昭和31(1956)年。外観はほぼそのままで、内部をそっくり映画館席に改装した。館内は、中央部から後方座席にかけて徐々に高くなっており、壁面の左右4ヵ所、下から3、4mの高い位置にボックス型の特別席もあった。

同40(1965)年には閉館して、以後「宇和島ボウル(ボーリング場)」、「ロマン座」「スバル座」のふたつのホールを有するポルノ専門映画館を経て、平成3(1991)年から「宇和島シネマサンシャイン」に。宇和島最後の砦として3スクリーンあった同館も、同17(2005)年4月10日、ついに幕を閉じてわが町から映画館は消えた。

現在地:宇和島市本町追手 撮影:昭和40(1965)年

警察署側より4-88777888   アカンサス3-3-3

昭和館 写真展示中!

P1 宇和島映画館めぐり P2 南予映画館歩き

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中